珠洲温泉銭湯道、勝手に【5周年】企画(2018年7月20日)

2013年6月26日にスタートした珠洲温泉銭湯道、おかげさまで今年6月に満5周年を迎えました。そこで、6年目に入ったことを記念し、今回、5周年の記念企画をご用意しました。

珠洲は、なにしろ「奥能登」だの「さいはて」だの言われ、都会から遠いのが最大の弱点となっています。
せっかく「温銭めぐり」に来ていただいても、臨時休業があった場合は完全にアウトになります。
そこで、この新企画の誕生となりました。

「珠洲は温銭道の修業がアマイ!」という評判ですが、そのアマさが、この企画の売り。
珠洲市内の宿泊施設(旅館・民宿など)・飲食店・道の駅などで宿泊・飲食・買い物をした際に、お店に自分でお願いして印鑑(認印などでOK)を頂くことができた場合、それを珠洲温泉銭湯道の1スタンプとして認定することにしました。

ただし、スタンプ帳1冊(8種類の押印)の中で、公式な登録施設ではないお店のものは最大3つまでの押印を認めます。簡単に言えば、スタンプ帳1冊の中で、たとえば宿泊1回・飲食1回・買い物1回の合計3個まで自力GET押印が可能となります。なお、宿泊は、温泉銭湯道参加施設以外のところを意図しています。
多々ある候補施設の中で、一例として民宿では「国松」、飲食店では「レストラン浜中」、買い物では「道の駅狼煙」などが挙げられます。

もちろん、混雑時は忙しい等の諸事情により、施設側から押印を断わられる場合もあります。
その時は潔く諦めて、気分を害さないで下さい。それもまた修行とお考えいただければ幸いです。
別府八湯温泉道においても、2001年の開始当初は入浴を断られるケースが沢山ありました。
それを乗り越えて、今日の別府八湯温泉道があります。

なお、URAが中国の北京で製作した印鑑(スタンプ)は、「道の駅すず塩田村」「つばき茶屋」に届けてあります。とはいえ置いたのは数年前、まだ現在も存在するかどうか未確認につき、悪しからずご容赦を。
e0337053_11473660.jpg
e0337053_11474352.jpg

by suzuspa | 2018-07-20 18:04 | 対象施設 | Trackback
トラックバックURL : https://suzuspa.exblog.jp/tb/27421176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。